2009/11/13

VAIO W メモリー交換

ムラウチからメモリーD2/N800-2GEが届いたので「ソニーが基本的に好き。」を参考に分解してみました。
キーボードをはずすときにバッテリー格納部分のネジ穴をドライバーで押すとうまくいきました。あとは簡単。
無事2GBになりました。ガジェットや付箋紙張り込んで,仮想メモリーもoff,メモリー消費量は約1.1GBにアップしたが余りも0.9GBあるので一安心。
デスクトップはアイコンを最小にしてご覧のとおり。一番下のゴミみたいなのがそれ。これで十分。
VAIO Wは左右が1366あるので,バーを右にタテに持っていくとタテのドット768をカバーできる。
使い慣れているMacBookの有効画面とほぼ同じ領域になるので,フツーに使えてとても具合がいい。
Macも10インチ復活してくれるといいのだが。

その昔に買った電子ブック大辞林をEBWinで復活させました。この検索ソフト軽くておすすめ。ちょっと半透明の実験です。
**bloggerの文字サイズ少し大きくしました・・・

2009/11/11

VAIO W VPCW119XJ/Wの「いたわり充電」とWindows 7「充電モード」

VAIO Windows Upgradeを実行してみた。悩んだのが「バッテリーいたわり充電モード」
XPからBattery Care Functionをインストールしたのが原因。Setupで「バッテリーいたわり充電モード」がインストールされてしまう。Battery Care Functionは削除しないといけないようだ。
「VAIOの設定」メニューにも「バッテリーいたわり充電モード」と「充電モード」がダブって表示されてしまう。
「いたわり」は「充電モード」だけで設定できる。というよりそうしないといけないかも。
VAIO Windows Upgradeの発表前に自前でインストールしたSONYのソフトは全部削除しておいた方が安全だ。
問題があと2つ。
「VAIO Update 5」にアップデートすると「VAIO Windows Upgrade」で未インストールリストに古い方の4.2Uが出てきてしまう。実行するとメビウスの輪の上を走り回ることになる。
もうひとつはホオって置くことにしたが,未インストールリストに最後まで残ったJava の「Sun Jre」
まさかVAIO専用ということはないと思うが,無視することにした。
おじiさんの暇つぶしで,間違っていたら御免。
ところでVAIO Windows Upgradeを実行するとメモリ消費量がどっと増える。約100MB
IE動かしただけで計865消費で残り149なので,メモリは2GBないと無理だな。

VAIO W をWindows 7にする VPCW119XJ/W対応

SONYからアップグレードユーティリティ公開
http://vcl.vaio.sony.co.jp/windows/7/product/vpc/vpcw119xjw.html

VPCW119XJ/W

この製品は 「VAIO Windows 7 アップグレードユーティリティー」に対応しています。」
やれやれ。

VAIO W VPCW119XJ のXPをWindows 7に

MacBookWindows 7が小生の活用範囲では問題ないので,ドライブをつないでVAIO Wに7をインストールしてみた。
VAIO付属のVAIO Updateやバッテリーいたわり充電モードなどが動かなくなるが,ごくふつうに使えそうだ。MSの認証もOK。
VAIOのサプリメントディスクは配布対象外機種なので,不安な人はSONYがXPプリインストール機種に手を差し伸べてくれるまで待った方がいいだろう。
1GBのメモリーのうちExplorerを動かすとシステムと合計で700MBが使われ,残りが300MBなのでソフトを多数立ち上げなければ1GBのままでも使えないことはない。
念のため2GBのメモリをムラウチに注文した。
D2/N800-2G/E PC2-6400(DDR2-800) 200pin S.O.DIMM 2GB ※白箱パッケージ価格:3,280円(3,123)
これでいいのかな?ずいぶんメモリって安くなったなぁ。
タスクバーをタテにすると幅が縮まらない。丸いスタートボタンはキーボードで済むので,もう少し小さくしてくれないだろうか。タスクバーのアイコンを小さくするとボタンが巨大すぎてみっともない。
横置きすればいいようなものだが,VAIO Wはせっかく解像度が1366あるので右にタテに置きたくなる。まあ,半透明なので慣れてくるだろう。
4万円台のPCとしては7でもキビキビ動くという印象。XPとの差は小生には分からない。
最安価格は少し上がってきていて,11/11は¥44,800。
7は見た目がおもしろいので,しばらく遊べそうだ。

2009/11/01

Parallels 4.0のXPをWindows 7に

MacBook旧型(メモリ2GB)のParallelsにWindows 7ファミリーパック¥25100アップグレードを入れてみました。新規インストールに悩まされました。New Virtual Machineでインストールできるのですが,この場合はプロダクトキーがはねられます。
しかし,実はとても簡単でした。
1 XPを立ち上げる。
2 7のDVDをセット
3 XPの画面の中に表示される「今すぐインストール」をクリック
4 カスタムインストール
5 そのまま放置
これで「XPが消え」て「7に置き換え」られます。
XPは消滅するのでコピーをとっておかないといけません。
「システム」からプロダクトキーを入れて無事認証されました。

別に保存しておいたXPを元の場所(デフォルトではユーザー=ライブラリ=Parallels)に持ってきてクリックして一度立ち上げるとVirtual Machine Listに追加されて7とXP両方使えます。ライセンス上はXPは使えませんが,もし7で不具合が出るようなら戻さないといけませんから。
7はMacBook旧型でも楽に動きます。しばらく使って問題なければMac mini もVAIO Wも7にしましょうか。



2009/10/29

Safari 4.0 for Winodws

設定 - 表示 - フォントの滑らかさ - 中-フラットパネルに最適
エンコードは Unicode
Safari 4.03は小型ディスプレイで見るのに適していると思う。文字はとても読みやすい。
天の部分のアドレスバー,ブックマークバーの占める幅はIEよりも約2行分狭いので,画面の天地が広く使える。
タブブラウザでも単一ページを見ている限り表示されないので幅をとらない。ネットブックにはありがたい。


ブックマークバーのフォントサイズはSafari上ではどうやら設定できない。XPのデスクトッププロパティのデザインで指定したサイズが反映する。めんどうなので全部10Pに指定したらちょうどよくなった。


CTRL+[+]や[0]でページの文字サイズだけ変えられる。これも便利。ものぐさ右手だけモード用にツールバーにAAの文字拡大縮小ツールも入れておく。ついでに履歴と新タブのボタンも追加。
ブックマークバーも消して画面の天地をさらに広く使えるボタンも。かなり便利だ。VAIO Wは左右1366dpiあるのでボタンも楽に追加できる。


ASUSもWと同じ高解像度の1005HR-WSを発表,ネットブックも天地768ですね。600+168この差は大きい。

2009/10/27

VAIO W をバッグに



下の黒色はMacBook 13です。バッグはacebag.co.jpのNo5781404,30*20*11cm,MacBookは入りません。
PanasonicのDMC-LX1という47mm厚の旧型デジカメも前ポケットに入れます。
念のため昔の5mm厚のマウスパッドをクッションとして間に差し込んでいます。
さして重さも気にならず快適です。
少し使ってからバッテリー報告をします。

VAIO W VPCW119XJ + Lバッテリー


開封直後にLバッテリーを装着。見た目は普通です。ASUS Eee Pc1000Hとほぼ同じ高さ。白モデルの場合はバッテリー色はキーボードと同色です。全体の質感は上。
画面は天地600に比べて768はさすがに使いやすい。画面はキレイ。


[画面のプロパティ デザイン]のフォントサイズは[標準]のまま。
[画面のプロパティ 設定 詳細設定]で120DPIに上げておく。
Osakaフォントを入れてデスクトップのアイコンサイズは22,文字はOsaka-UIの8P,メニューやメッセージボックスはOsaka12ポイントに上げて,ブラウザのフォントもOsakaにすると,文字も見やすく,老眼でも,ごくごくふつうに使えます。


ブラウザはSafariを使うとCTRL+で文字だけ大きくできる。


左右に余裕があるのでタスクバーは右サイドタテに。
付属のATOKのタスクバー表示は[あ]と[メニュー]だけにする。
バッテリー計はbsmrをインストールして左サイドタテに。


基本設定はこんなところです。
AirMacの無線LANに接続,アンテナ感度はEeePCよりいいですね。
指がかかってちょうど持ちやすくなる。




バッテリの高さの分だけ角度がついて,いいかも。排熱も。


A5判の本の上に載せてみた。


2009/10/26

emobile 接続情報・青森県

東北道浪岡インター大釈迦付近のホテルでは使えなかった。
五所川原OK
八戸市内OK
秋田市ホテル・ルートインでOK,しかしネットのケーブルがテーブルに引いてあった。便利。

VAIO Type Wは10/26¥39100まで上がってきた。価格.comのノートパソコン売れ筋ベスト10に入っていた。
ピンクは56位で¥41000

2009/10/25

VAIO XかWか

VAIO Xが新発売,あまのじゃくはType Wを購入するか。
ディスプレイに10.5と11.1の違いはあるが解像度は1366*768で同じ。
この解像度に惹かれて検討開始。
重量もバッテリースタミナもXの勝ち。Lバッテリーでも10時間765g,Xバッテリーで20.5時間1045g。(5時間駆動のSでは665gしかないが,こちらは別売。W付属はノーマルバッテリーで3.5時間1190g)

Lバッテリー同士で比較すると:
W = 8.5時間1330g
X = 10時間765g 585gの差がある。駆動時間で1.5時間。

Wは¥36,300前後にLバッテリー¥12800加算して¥51,100,Xは¥86,000前後か。
Xの実売価格はOS無視すると¥35,000高い。

Xは 幅278mm×高さ13.9mm×奥行185mm
Wは幅267.8mm×高さ27.5mm(Lつけると最厚部48mm)×奥行179.6mm
Xは幅が1センチ以上大きい。
大まかにいうとXは重さはWの半分まではいかないがバッテリー持ちが少しいい,ただし10/25実売最安値価格が2倍とまではいかないがSバッテリーつきならもう一台Wが買える。
HDとSSDの違いで容量は160GBのW
重さは500g程度の差はあまり問題ではない,お腹の脂肪を1キロ減らす方が安上がり。小生の場合1.5キロはふつうに上下する。ん?UMBC複数台がお腹に増えると,それはそれで恐ろしい。

すると,お金があれば迷わずX,きびしい我はWという選択になる。
もちろん使用目的も人さまざま。そして小生のメインはあくまでMacですが。
SONYのHPを見てもX付属のバッテリータイプはLなのかSなのか書かれていない。ちょっと不親切。
ついでにWのLバッテリー型番はVGP-BPL18です。

2009/09/18

初代MacBookバッテリー交換

スリープさせておいたら電源が落ちることが何度か続いたので,メニューバーのバッテリー項目をつついてみると,黄色三角にビックリマーク!!!。バッテリー交換・修理というメッセージ。ACを切ると見る間にバッテリー残量が減少していく。まあ3年以上毎日使っているのでバッテリーはもった方だろう。
仕方がないので¥15,800で交換。すると黄色三角にビックリマークは消えた。
初回の充電の際には残量%が0から1になるまで5分くらいかかったので故障かな?と思ったが,2時間半くらいで無事に満タンになった。
初回満タンから1時間使ってみると86%で残時間3h40mなので4時間40分くらい使えるようだ。
ちなみにハードディスクは500GB7200回転に交換してある。OSはSnow.
4時間以上使えれば図書館でも問題ないので,この旧型MacBookを当分使い続けるとにする。
1か月後にバッテリー持ちがどうなっているのか楽しみだ。

2009/09/07

VL-W600のバッテリー

裏庭でシゴトをしていると来客の呼び鈴が聞こえないので,ここ4年ほどPanasonicのインターホンを使っている。
子機のVL-W600が突然つかえなくなった。電源が入らないし充電ランプがつかない。接点も磨いて配線も確認。それでもダメ。
はてさて,心あたりがバッテリー。しばらくスイッチを切っていた。誤ってたぶん12日以上無充電。
バッテリーはKX-FAN51,宇都宮市には売っているところがない。5日に東京に行く用があったのでアキハバラで探してみることに。あいかわらず刺激的な街だ。
西口では見つからず,ソーラー充電の万歩計450円を買ってしまった。すぐにベルトに装着。
東口ヨドバシに行ってみたら1FでELPAのTHB-124が見つかった。これはKX-FAN51の互換充電池。さすがヨドバシ。
万歩計は秋葉原散歩だけで6000歩超え。最初からだと1万超えてるのだろう。東京はほんとに歩かされる。自然に運動しているようなもの。東京の人は長生きできる。
家に帰ってバッテリー装着。ほんの少しキツめだったがぴったり。おそるおそる充電器に乗っけてみるとピンポーン!!!充電ランプが点いた。
30分ほどほっといて使ってみたら親機と通信できました。やれやれ。

2009/08/31

Snow LeopardとParallels 3

Snow Leopardをインストール。¥3300 全般的なスピードアップが体感できます。
シャットダウンが23秒程度というのはすばらしい。
さて,Parallelsを3.0のままで使っていたら, Snow Leopardでは動かない。
Snowにアップデートする前に3.0のアップデータがあったかどうかは不明。
(その後http://toni.uebernickel.info/apple/parallels-3-on-snow-leopard/
に裏技が発表された,ただし動かない人もいる)
しかたないので4.0にアップデート。¥5885
Virtual Machineのバックアップがあるので,その分アップデートに時間がかかる。
手動でバックアップしておいたほうがいいかもしれない。
USB認識やKeyのMacとの共通性などいろいろ改良されている。
体感的にXPもスピードアップしている。
まだ未確認だがバッテリ持ちが20%アップするらしい。
とりあえず,MacもXPも支障なく動いています。
不具合があったらご報告します。

2009/07/16

MacBookのHD交換その後

室温33度で4時間連続使用しましたが,電源断なしで動いています。
神社の写真のiPhotoデータが25GBもあり,その他古い写真で7GB,ミュージック11GBなど,ほかのデータも含めると相当あるので500GB-HDは容量不足の心配がなくて快適。

暑いので,ま,どうぞ。


2009/07/08

MacBookハードディスク交換


秋葉館のハードディスクケースSerial Nano 400に新品HDをセットしてFireWire接続でフォーマット。
このときGUIDパーティションテーブルにチェックを入れないと起動ディスクにならないので注意。
500GBなので半分に割りました。232.33GB×2になります。
ノートパソコンに500GBという時代なんですね。
データ移行は「ディスクユーティリティ」の「復元」でやってみました。
105GBをコピーするのに約4時間。復元goで出かけてしまったので正確ではありません。
外付けから起動できることを確認して本体へセット。
AdobeのCS3そのまま動きます。
ParallelsのXPもそのまま。
シリアル番号入れ直しとか再アクティぺーションとかやるのかと思ったら旧ハードディスクがそっくりそのまま移行されるんですね。容量が増えただけで,他は前とまったく同じ。ちょっと拍子抜け。
便利になったもんです。
7200回転はさすがに速い。熱も問題なし。回転音は静かになったような気がします。
まあ,電源断に悩まされた機種なので,もう少し使ってみないとなんとも言えませんが。
旧HDはそのままバックアップディスクとしてとっておきます。

2009/07/05

MacBook新型は

ヨドバシで新型MacBook見てきましたが,ディスプレイのワクまで鏡になってしまって,残念。
おじiさんにはマブしくてだめ。
初代を使い続けることにして,空き容量が3Gbになってしまったので,バイト代でハードディスクを交換することにしました。
秋葉館にSeagate Momentus 7200.4 500GB ¥13800があったので注文。
はじめての7200回転。
まだ届きませんが,交換したらレポートします。

2009/06/27

emobile 接続情報・鬼怒川温泉

2009年6月25日 鬼怒川観光ホテル7階で接続できませんでした。
鬼怒川温泉はまだemobileに見離されています。
温泉つかって,のんびりしなさい,ということですね。
給付金コースというのがあって,朝夕バイキング食べ過ぎ。
露天風呂の龍王の湯が◎マル丸

2009/06/16

IMEにMACの EG-Bridgeユーザー辞書を辞書登録

MACのEG-Bridgeから,ことえり用にユーザー辞書を書き出す。
引用符コンマ引用符をタブに置換
行の始めと終わりの引用符を削除
こまかい品詞指定はあきらめて「名詞」に統一する
このテキストファイルをIMEで読み込む
以上でMACからユーザー辞書がXPの辞書に登録できました。
ついでに
【無変換】【変換】キーを【英数】【かな】キーに変更
無変換はIMEオフ
変換はIMEオンだけ
指定すると「英数かな」の切り替えがほんとうに楽になります。親指で切り替えられるので楽。5分で慣れます。もちろん仮名漢字変換はスペースキーで。
このところASUS EeePCで外で入力の機会か増えて,あまりの使いズラサに,手入れしてみました。
もっと早くやっておけばよかった。やれやれ。


2009/06/07

emobile 接続情報・茂木


栃木県茂木町の山奥,那珂川近辺の河井地区は接続できなかった。
さすがに写真のような山奥,高いアンテナを伸ばした地デジの受信調査のための車が止まっていたくらい。
牧野地区のそば屋さん「まぎの」の駐車場も不可。
「大井戸庵」も不可。
状態はアンテナDO2のランプが赤色のまま。
ちなみにDOCOMOは使用可能。
------
この日は茂木河井の「龍神社」と「大杉神社」を調査に行ってきました。
6月にウグイスが何羽も鳴き交わしていました。
「高おかみ」に関係する神社だけを調べています。現在168社撮影済みです。
こちらにアップしてありますので,どうぞ。

2009/04/03

emobile と Parallels 3.0

Parallels Desktop 3.0 for MacでWindows XPを使っている。
Photoshopでプレゼンする必要があってMacBookを持ち出し。
WindowsはASUSを持ち出していたので,emobileをParallelsで使ったことがなかった。試したところはねられる。
つぎにParallelsのXPが立ち上がった状態でDO2-HWを差し込んでみるとXPにemobileツールが自動でインストールされた。
うまくいくかと思ったら,「接続」がクリックできない。
そこで,XPを終了。
Parallels DesktopのConfigurationのNetwork Adapter 1:をShared networkingに設定。
Windowsを立ち上げる。
Macに戻ってemobileに接続。
Windowsに戻ると,ちゃんとネットにつながった。
なかなか奥深い。
***
高根沢の元気アップ村でemobile OK,ついでに天ぷら蕎麦たっぷり食べてきました。

2009/03/15

ASUS Eee PC1000H その12 ワンセグチューナー

久しぶりに秋葉原を散歩。¥2,480のワンセグチューナーを見つけた。値札から¥500引きになっていた。
DynaconnectiveのDY-1SU01
CD-ROMからインストールする仕様なのでMac miniのドライブからLANでASUSのHDにインストーラーをコピー。画面は乱れているが,
setupフォルダーからインストール。
次にドライバーインストールの指示が出るのでチューナをUSBにセット。追加ウイザードはキャンセルしてドライバーインストールを実行。
これで使える。
宇都宮市の鉄筋マンションの3Fで,問題なく受信出来る。
安かろう良かろう,いいですね。十分実用になります。
さて,余分な労力を使ってしまった。Dynaconnectiveのサイトを見たら,DY-1SU01のアップデータ(3/3)があった。
ダウンロードしてインストール。
どこが良くなったのか分からないが,インストールはもちろん,こちらの方法の方が簡単スピーディー。
教訓:あせってはいけない。